意識改革で貯蓄体質になる

私は昨年、体調を崩してしまい、貯蓄を崩すことになってしまいました。
そこで、今年は健康に気をつけながら仕事や家事を行っていきたいと思っています。
それと同時に積立貯金を始めようと考えています。
健康上の問題もあり、今はまだ収入が安定していませんが、もう少し落ち着いてきたら、積立貯金を開始したいと思っています。
以前は会社勤めをしていたので、自動的に積立ができる仕組みを利用していました。
しかし、今はフリーランスで収入が一定ではないので、そのような仕組みで積み立てるのは難しいと思っていました。
しかし、保険や税金など、必要な経費は毎月支払っているので、それと一緒に強制的にお金を積み立てる仕組みを作れば良いと思いました。
金額が多いとそれを継続していくのは難しいと思うので、最初は少額から始めていきたいと思っています。
収入が少ないと、積み立ててもすぐにそのお金を下ろして使っていたこともあります。
今後はそういうことが無いように、どうしても必要でない限りは使えないお金として貯めていきたいと思っています。
その為にもまずは意識改革が必要かもしれません。
お金に対しての意識が変われば、お金も貯めやすくなると思います。
自分に合った無理のない方法で、貯蓄を増やしていきたいです。
給料明細 不要

収納量倍増使い勝手ok。

我が家は中古で購入したため収納場所が近頃の新築のように多く作られていません。
しかしなんとかして少しでも使いやすく多く収納できるようにしたいと思いました。
娘の部屋は和室なうえに半畳しか収納場所がないのです。押入れの上の方に突っ張り棒(30kg耐えれるもの)をつけ上着をかけるとこを作ってみました。offシーズンのものをかけておけば衣替えの時にもすぐ取り出せて使いやすいと思います。
次に3段ボックスを入れ仕切りのない押入れの仕切りがわりにしました。可動式の3段ボックスを2つ入れデットスペースができないようにしました。可動式の3段ボックスにしたので使う頻度が少ないものをしまっておいても使いたいという時期がきた時にスーと動くのですぐ取り出せるし使い終わってしまうのも楽にできます。
3段ボックスを2つ入れて余った隙間スペースも無駄にはできないので突っ張り棒をつけその棒にS字フックをつけかけて置けるスペースを作りました。ショルダーバックや首かけの財布などをかけるスペースにしました。
和室の押入れなので天袋があるのでそのスペースにはベニア板で仕切りの板を作り旅行などに使う大きめのバックやあまり使わないリュックなどを入れるスペースにしました。いろいろ取り付けたこともありただの押入れで使っている時より収納できる量も増えた上に取り出しやすく姉妹やすくなったと思います。
引越し 見積もり 電話なし

こつこつ節約も大金となる

小さなことからコツコツと。
チリも積もれば山となる。
まさに節約も同じ事が言えます。
地道に節約をしても目に見える大きな変化がある訳ではないので本当に意味があるのかなと思ってしまうかもしれませんが、数ヶ月や一年単位で見た時に意外といい値段節約になっていたりします。
出来ることから無理をしない程度にやってみるといいかもしれません。
今回紹介する節約術は2つあります。
まず1つ目は、節水です。
日々手を洗う時やシャワーを浴びる時に意識をして無駄に水を使うのをやめるのもいいと思います。
ですが節水用のグッズもいろいろとあります。
トイレに取り付ける物や水道に取り付けるタイプの物、シャワーヘッドを取り換える物があります。
それぞれ水の量をコントロールして普段より少ない量にしてくれるので無理せず自然と節水ができます。
2つ目は、ティッシュの節約です。
ティッシュは少し口を拭いたり、手を拭いたりして捨ててしまう事があると思います。
何度も使用するのは衛生的に良くない気もしますし、もったいないなと思いながら結局捨ててしまいます。
なので使う前の綺麗な状態で節約すればいいんです。
ティッシュ箱を半分に切り重ねながらはめて小さい箱を作ります。
中のティッシュも同じように半分に切り箱に戻したらいつもの2倍使えるんです。
何不自由なく使いやすくなりますのでオススメです。
なにげない日常にもったいないことが隠れています。
出来ることから少しずつでもやれば、いずれ大きな結果になるのでぜひチャレンジしてみてください。
無利息 キャッシング

19カード払い分の把握

みなさんは生活費の支払いにクレジットカードは利用していますか?お金の流れを把握するためには現金払い一本に絞るのが一番!ということは分かっているのですが、カード払いにするとポイントが付くしなかなかやめられませんよね。私もそんな一人です。でもやっぱり現金払いしかできないところもあるし、現金払いの分とカード払いの分がまざって残高が分からなくなってしまっていました。
そこで試したのがカード払いした時も現金払いをしたと仮定してその分のお金を財布から抜いておくという方法です。
こうすれば月の残高がとても分かりやすく、かつカード払いをどれだけしたかも分かるのでとても便利です。
いちいち清算するのは少し面倒ですが、家計簿をつけるときにやってしまうので慣れれば流れ作業のようになり、全く苦痛になりません。そしてカード払い分として分けておいたお金を月に一回口座に入金すれば引き落としの準備も完了です。予算の袋分けなど細かい事は挫折しがちですが、これだけならズボラな私でも続きます。なかなかカード払いをやめられないとか、月々の残高を把握できないとお困りの方、ぜひ試してみてください。できることから少しずつ家計を見直しましょう!。

10浪費から反省し日々の暮らし

もともと沢山のお金があった訳では無いですが「一攫千金だ!」とパチンコ屋さんに行き、そういう時に限って沢山勝ってしまい、「これはもともと無かったお金!」と言って勝った分で、買い物したり外食したりと使ってしまい、そしてまたパチンコ屋さんに行って「また勝たないかなぁ。」とお金を注いでしまい負けて悲惨な目に合う。そんな失敗がありました。そんな時に、馬鹿らしくなってしまい、一時のお金なんて手にしても使ってしまうなら一緒だし、マイナスしか生まない。と気付き節約生活をするべく、現状を見直す事にしました。
小さな事でも、続けれることをしないと節約なんてって続かないと思って、最初にしたのは、食器などの洗い物をする時に水を流しっぱなしにしない。次に、使ってない部屋は電気を消す。など、かなり基本中の基本から初めてました。
食費などは、毎回足りない物を買うのではなく、まとめ買いで一週間もたせる。夕方に行って、割引商品(得に半額もの)を買うようにする。あとは冷凍して使っていく。
そうすると、食費に関してはかなり節約出来てるように思います。
本当は、もっとしないといけない節約はあるのですが、試して続かないなと思ったのは、洗濯の洗う時の水をお風呂の残り湯ですることです。私の家は、外に洗濯機があるので、お風呂場からの距離があって何往復も水を運ぶことになってしまい、1度試したけど、すごく疲れたので、洗濯は諦めました。
でも、この調子で節約生活を続けていって、安定した生活をするように頑張ります。
あとは、お金を貯めるまでの余裕が欲しいなと思うばかりです。

衝動買いはいけません

節約で、大事なことは、いえをきれいにすることだとおもいます。きちんと整理しておけば、同じものを買わにでいいのです。人の記憶はあいまいです。たくさんあるのに買ってしまうということも多いのです。安いということに惑わされ散るのです。本能です。買わない力を身に着けるのも、節約には必要です。昭和時代を経て、モノが高かったので、つい、買ってしまうという習性があります。そこを我慢するだけで、違うのです。たとえば、これもこれもこれもという風に、手に取ってかごに入れ、洋服などは、やはり、やめるといって、一枚だけ買うというようなことです。それでも、満足します。洋服を考えているだけで、満足し、じっくりと考えると、ひおっつだけでいいという結論になるのです。
衝動買いが一番、使うのです。気持ちは抑えられないし、今は、群がってバーゲン会場に行くということもありませんから、あおられるということはありません。そこが、一番、節約には禁物です。周りと合わせるということです。
そう思うと、親しくても、自分は独自の生活スタイルをしているといいですね。まどわされないですから。節約は、おうおうにして、きもちのもんだいのところがおおきいです。

我が家では主人が家計管理をしています

結婚当初、共働きをしていた為に結婚後も独身の頃と変わらぬ金銭感覚でお金を使っていました。
主人の収入が生活費で私のお給料は自分のお洋服を買ったり2人で遠出したりする資金にしていました。
そして結婚3年目を迎えた昨年、主人が家業を継ぐ為に地方へと引越し私は専業主婦になりました。
それに伴い家計管理の一切を主人が切り盛りするように。
その為、通帳の中身も家賃がいくらなのかも最近まで知らないままでした。
最初は家計管理もしなくていいし憧れの専業主婦になれてすごく嬉しかったのだけどこれまで自分の収入を好きな様に使う生活をしていたのでお金に関して自由が効かないのが徐々にストレスになりました。
その事を主人に伝えその後、週に3日程パートに出ることにしました。
収入は以前に比べ大幅に減ったけどその分ストレスも減り今はその生活がとても気に入っています。
そして相変わらず家計は主人が管理しているけど自分も働いているんだと思うと欲しいものを欲しいと声にしやすくなりました。
夫婦でどちらが家計管理をするかはとても大切な事です。
女性が家計管理をするご家庭が多いとは思いますが男性は意外と物の価格に疎い人が多いので時には一緒に買物に出かけてみる事をオススメします。
また、時には男性に家計管理を任せてみると新たな発見や気付きがありより良い生活改善に繋がると思います。

今月から積み立てを始める予定です

2年ほど前から、改めて「ちゃんと貯金をしよう」と思っているのですが、なかなか思うようにいきません。
毎月、給料日の翌日に積立が自動で引き落としになるように設定してあるのですが、とても少ない金額です。現状では、それ以上の貯金は厳しく、なかなか増えません。
現在積立しているのは、
・12000円
・3000円
の2口です。1か月あたり、わずか15000円。これでは、残念ですが、まったく貯金が増えないのも無理はありません。
しかし、最近夫が昇進し、少しだけ給料がアップしました。固定給になり、残業代はつかなくなりますが、それでも、今までよりは少し安定した金額となりました。そこで今月から、また新しく、積み立てを始めようかと考えています。といっても、昇給した分をすべて積み立てに回してしまうのも厳しいことから、金額をいくらにするか悩んでいます。
昇給した分生活は少し楽にしたいし、貯金はしたいし…などと考えているうちに、そろそろ給料日がやってきます。夫婦とも、賞与は全くあてにできないため、月々なんとかやりくりして貯金を増やしていきたいものです。
あと数日、しっかり考えて、無理のない金額で新しい積み立てを作ろうと考えています。
ダウンクリーニン 料金

5月24日までまるまる2ヶ月もお休みを喰らう

今日は野菜の移動販売に行ってきました。そしたら悲しい事に野菜の農繁期に差し掛かるということで、5月24日までまるまる2ヶ月もお休みを喰らうということでした。野菜販売のおじいちゃんもういい加減に何とかしてもらいたいと思っています。 野菜販売のおじいちゃんは1年に多分6か月くらいお休みます。つまり6か月 Continue reading “5月24日までまるまる2ヶ月もお休みを喰らう”

30万円を払わなければならない

レオパレスを出るお金の心配をしなくても良さそうなのでとてもとても安心です。
どれだけお金かかるからお金持って本当にビビっていたのです。だけどもう9レオパレスの退室料金の事を心配しなくてもいい、何とかなりそうなので本当に安心しています。 レオパレス10年以上お嫁さんもが住んでいたのでまず第一にク Continue reading “30万円を払わなければならない”